どかんと+悲しい+を背負っちゃったけれど、
そのおかげ?!でちっちゃな幸せもきっと見つけられるんだよね。 ちっちゃなちっちゃな幸せをかきあつめてちょっとづつちょっとづつ夢を見られますように・・・。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 収穫 | main | 大切なもの >>
これから・・・
  ずっとずっと考えていました。

 このBLOGの意味。


パパがいた幸せだった時間は、主婦・ママという存在価値を探し出すためのBLOGだった。
主婦でもママでも諦めることなんてないんだ!(ほんとはあるけどね。)なんていきがって、とと・・のefの活動。ライフプロジェクトの夢のようなお仕事。大好きなインテリア・ガーデニング etc 主婦という守られた中で夢を見られた私はあのときは当たり前のものだと思っていたし、まだまだ飛躍できると確信していた。 うちのパパという線路の上はもしかしたらみんなよりは起伏が激しかったかもしれないけれど時にスリリングで、時に嫌にもなるような線路だったけれど私は気に入っていたし、その起伏にも安心感を覚えていたんだよね。


     この人と一緒にいれば・・・。 って

 いろんなことをまだまだ夢見られて、そしてひとつひとつを現実にしてくれるって・・・。
    宝くじがあったったような気がしてた。 おおげさかもしれないけれど・・・。



  パパがこの世から突然いなくなって・・・。

 その線路がなくなった、自分で作っていくしかない線路。
そんな悲しい、さみしい、切ない、恋しい 表すことのできない身の切られそうな感情の中何かをみんなに伝えたいと再開したBLOG。 ここで文を書くことは私の心をちょっとだけほっとさせてくれてました。本当はもっともっと悲しいんだよってのを書き記したかった、つらいんだよってのを書いて書いて書きまくりたかった。でもここは私がちょっと背伸びして夢をみて、好きばかり記したBLOGだったからずっとずっと考えていました。


 私の悲しい=あなたの幸せを考えてほしいって・・・


 死別BLOGなんてのもあって、同じような境遇の人たちががんばってるのを見てそこで悲しみをひっそり書き記そうかとも思いました。 でもずっとずっと考えてとりあえずやっぱりここでみんなが見ていてくれるここで頑張っていこうかなと思っています。このBLOGやママになってからの活動で私はどんなにひととひととのつながりをもってこられたか、そしてそれがこうなった今どれだけ力をくれているか感謝してもしきれないくらいの人のあったかさを感じています。

 『大切な人の悲しみなんて乗り越えられない』という一節がありました。 本当にそうだと思う。
きっと前みたいな幸せは手にいれない、でもこれからの人生ちっちゃな幸せを掻き集めていきたらなって思っています。パパがいたらこうしてたよね。こんな夢があったよね。ちょっとづつ取り戻しつつもあります。

 感情の波は大きくなったり小さくなったり・・・。でも前よりは穏やかな悲しみになっています。

あとは諦めきれないパパと一緒に生きるという夢を、諦めることと違う夢を持たなくっちゃね。
諦めるということを知らない私だけにこたえてます。。。。 ほんと今までなんてのーてんきだったんだろうね。


 せっかくの人生、 パパのお嫁さんになれた私にプライドを持って負けん気でがんばっていきます。

      変なプライドと負けん気はきっと誰にも負けないはず!!!!(知ってるか?!)


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://flowertoto.jugem.jp/trackback/138
TRACKBACK